令和6年度 非常通信伝達訓練のご案内

  

来る6月9日(日)午前10時30分ころからJARL渡島檜山支部 令和6年度非常通信伝達訓練を実施します。

以下の通知文のとおり、144MHz帯での実施を予定しております。実施時間になりましたら、呼出し周波数(145.0MHz)で、別途使用周波数等の案内をしますので、参加可能な方は参加よろしくお願いいたします。 

交信内容については、了解度・現在位置・避難者数・周囲の被害状況等、通知文のとおりとしますが、基地局(道南四季の杜公園に配置予定)からの通信状況の把握も訓練の目的の一つと考えておりますので、伝達事項や時間がない局についても、了解度の交換のみで結構ですので、気軽に参加していただけると助かります。 

実施時間については、1時間程度を予定しております。 

              

  JK8JZQ 佐藤 佑介    jk8jzq@jarl.com

————‐——‐—————————-

1 日時  令和6年6月9日(日)午前10時30分ころから概ね1時間

2 周波数 144MHz帯FMモードにおいて行う。

3 目的 

 (1) 非常通信伝達訓練を通じて、会員のアマチュア無線の社会貢献について、

  意識を高めていく。

 (2) 会員の、非常時における通信技術の向上を図る。

 (3) 非常伝達訓練を実施することにより、実際の非常時における通信が直面

  するであろう問題点の洗い出しを行う。

4 想定する状況

令和6年6月8日午後11時ころ、北海道駒ケ岳噴火に伴う火山性地震が発生した。当日の風向きなどから、函館市・北斗市・七飯町については火砕流、噴煙等の被害はない状態であったが、噴火による被害のため、道南方面への送電が不能となり一帯は停電となっている。また地震による被害も発生しており、一部の建物が倒壊、道路工作物への被害も見られ、午前10時30分現在、詳細な被害状況がつかめていない状態である。このため行政機関からの依頼の下、各種通信手段が回復されるまでの間、アマチュア無線を利用して、各避難場所等との連絡・情報収取のため、非常通信を行うこととなった。

5 訓練内容 

(1) 基地局実態に即し、基地局については車両を利用、各移動局との

 通信を確保するために高所に配置し、車載のアンテナ・無線機器

 により交信を行う。配置箇所については、道南四季の杜公園駐車

 場とします。(公園事務所には駐車場の使用について了承済みです。)

(2) 移動局訓練に参加の移動局は自宅近くの公的機関(町内会館、学

  校付近、市や町の施設)に移動し、ハンディ機または車載機でオ

  ンエアする。当日の天候等により移動が困難な場合は、自宅から

  の参加も可能である。移動局から基地局への報告については、次

  の事項とする。・ 了解度・ 現在位置・ 無線設備状況・ 周囲被害

  状況、避難場所の様子等6 その他参考事項訓練の通信事項につい

  てのメモとして、昨年と同様のものを掲載します。スムーズに訓

  練情報が伝えられるよう、参考として使用してください。

  【項目内容】相手の了解度、現在位置、ハンディ・車載の別、アンテナ、

        避難者数、怪我や支援の必要性、周囲の被害状況